妊婦 オリゴ糖

妊娠便秘110番 > 妊婦にオリゴ糖?妊娠中の便秘だけじゃない!オリゴ糖が良い理由

妊娠時の便秘解消にオリゴ糖が良い理由

妊婦,オリゴ糖

妊娠時の便秘解消には、オリゴ糖が良いと言われています。

 

理由は3つあり、まず一つ目は『腸にまで届いて善玉菌のエサになる』ことです。

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、整腸作用が期待できるものの、胃酸に弱くて死滅してしまうことが殆どだといいます。

 

その点オリゴ糖は、胃酸に強い性質のものが多く、腸まで届くとことで、きちんと善玉菌のエサとなり、腸内環境を良くして整腸効果が期待できると言われています。

 

加えて、乳酸菌とは違い、胃酸に強いことから、腸に届いて、腸内の老廃物を吸着して排便を促す効果もあると言われています。

 

二つ目は、『安全性の高い成分』であることで、オリゴ糖は、母乳や野菜など安全なものに含まれていることから、体が反発することなく、妊娠時でも安心して取り入れられることが分かっています。

 

最後は、『続けやすい』こともそうであり、味はほんのりとした甘みでいて、熱にも強いとされているため、飲み物だけでなく料理にも混ぜることが可能で、「続けやすい」との声も多いです。

 

参考ページ(妊娠中の便秘解消に良いオリゴ糖ランキング

赤ちゃんの便秘にもオリゴ糖は使える!

妊婦,オリゴ糖

天然糖類の一種であるオリゴ糖は、母乳や野菜にも含まれていることから、赤ちゃんが口にしても大丈夫だといわれています。

 

実際に、臓器や筋力の未発達・母乳や離乳食等からの栄養の不十分などで便秘になることが多い赤ちゃんにオリゴ糖を活用して、改善しているケースも多いようです。

 

その為、赤ちゃんが便秘を起こした際は、オリゴ糖※を活用することがおすすめです。

 

※効果があって害のないものが良いので、限りなく純度の高いナチュラルなものを選んだ方がよいでしょう。

便秘解消だけじゃない妊婦にも嬉しいオリゴ糖の効果効能

オリゴ糖は、便秘解消以外にも妊婦にうれしい効果効能を確かめることができると言われています。

 

1.美肌効果&肌荒れ防止

妊婦,オリゴ糖オリゴ糖は、肌再生の阻害やニキビやシワなどを引き起こす活性酸素を起こす腸内毒素を排出する効果によって、肌再生の正常化による美肌効果や肌荒れも防止にも役立つと言われています。

 

2.健康促進

妊婦,オリゴ糖

オリゴ糖には、善玉菌のエサになって腸内環境を整える効果があると言われており、腸内環境が整った場合は、免疫力アップ・メンタル安定・冷え性改善といった効果が期待できるといいます。

 

3.骨粗しょう症予防強化

妊婦,オリゴ糖日頃から、オリゴ糖を摂取していると、カルシウムといった栄養が吸収されやすいといわれています。

 

カルシウムは、骨の強化から骨粗しょう症を予防する効果があるといいますから、オリゴ糖の摂取によって骨粗しょう症予防が強化されるでしょう。

 

妊娠中は、ホルモンの影響等で骨粗しょう症がおきやすいと言われているので、妊娠中はカルシウムだけではなく、オリゴ糖の摂取も必須と言えます。

 

4.動脈硬化予防

妊婦,オリゴ糖オリゴ糖が善玉菌のエサになって、腸内の善玉菌が増加した場合、善玉コレステロールが増加するといいます。

 

善玉コレステロールの増加は、動脈硬化に繋がる悪玉コレステロール及び中性脂肪の低下に繋がり、動脈硬化を予防するとも言われています。

 

5.体重管理

妊婦,オリゴ糖

妊婦さんは、難産等を防止するために、厳しい体重管理を余儀なくされることも多いといいます。

 

そこで活用できるのが、甘みがあるものの低カロリーなオリゴ糖で、砂糖の代用品として使うことで、カロリーを抑えられるだけではなく、砂糖と違って血糖値が上昇しないことから、脂肪蓄積がおきないために体重コントロールに繋がるといわれています。

 

オリゴ糖は、砂糖と違って虫歯菌を増殖することもないとされているので、手軽に摂取することもできるでしょう。

オリゴ糖に副作用はないの?1日の上限摂取量は?

妊婦,オリゴ糖

基本的にオリゴ糖は、『1日の目安量である3g〜10g(ティースプーン1〜2杯)』を守っていれば、副作用等が起こる心配はないと言われています。

 

ですが、1日の量をオーバーして“20g〜30g”と連日摂取した場合は、お腹がゆるくなって下痢がおきたり、血糖値上昇から脂肪が溜め込まれて体重増加に繋がることもあるといいます。

 

また、赤ちゃんは、まだ臓器が未発達なことから、副作用を起こしやすいとも言われているので、赤ちゃんに活用する場合は、『3g〜4g』にとどめておいた方が良いでしょう。

オリゴ糖にも色々種類があるけど何がいいの?

妊婦,オリゴ糖

オリゴ糖にも色々と種類がある中で、妊娠中は普段よりも体がデリケートになったり、赤ちゃんに与えることも考えると、限りなく安全なものを選ぶ必要があります。

 

まず、母乳に多く含まれる「ガラクトオリゴ糖」がおすすめで、高い便秘解消効果はもちろん、たんぱく質・ビタミン・ミネラルの消化吸収を助けて、十分に体内利用させる効果もあると言われています。

 

続いて、さとうきびやタマネギなどの野菜に含まれる「フラクトオリゴ糖」も良く、オリゴ糖の中でも低カロリーでいながら、胃酸に強く腸にまで届く力がズバ抜けており、しっかりとした便秘解消効果が見込めると言われています。

 

他にも、野菜からとれる「キシロオリゴ糖」「ビートオリゴ糖」「乳果オリゴ糖」も、妊婦さんや赤ちゃんに最適で、便秘解消効果も高いと言われています。

 

これらひとつひとつを選ぶよりも、組み合わせることで、相乗効果が期待できたり、体の慣れから効果の低下を防止することもできると言われているので、これらのオリゴ糖が組み合わさったものがベストでしょう。

 

加えて、オリゴ糖以外の余分なものが混じっていると、余分なものまで取り込んだり、効果を十分に発揮することができないとされているので、オリゴ糖のみの純度100%を選ぶようにすることも大切です。

妊婦のオリゴ糖の効果効能まとめ

妊婦,オリゴ糖

妊婦さんの便秘には、『効果的』かつ『安全性が高く』『続けやすい』オリゴ糖の活用が好ましく、便秘解消以外でも美肌効果や体重管理も行えます。

 

赤ちゃんにも最適とされているので、安易に薬を飲ますことができない赤ちゃんの便秘にも安心です。

 

妊娠中は、デリケートという点で、より安全なオリゴ糖(ガラクトオリゴ糖など)であることはもちろん、複数のオリゴ糖が組み合わさっているようなものは、妊娠時の頑固な便秘にも有効的とされているのでおすすめ度が高いです。

 

また、純度に関しても、効果的で無害な100%と、オリゴ糖以外の無駄なものが配合されていないかも選ぶ上で重要となります。

 

症状を良くしようと、1日の目安量となる3g〜10gを超えて摂取する方もいますが、下痢などの副作用に繋がる恐れがあるとされていますので、1日の量を必ず守ることも大切になるでしょう。

page top FXの仕組み