便秘薬 副作用

TOP > 妊婦の使用は怖い!?便秘薬一覧とその副作用まとめ

妊婦の使用は怖い…便秘薬一覧とその副作用まとめ

便秘薬の効果は即効性がある為、妊娠時の辛い重度の便秘の症状には、頼りがちになってしまう方もおおいのではないでしょうか。確かに便秘薬は排便を促進する作用があるので、一時的な便秘解消にはなりますが、気を付けなければならないのは、便秘薬の成分です。特に妊娠中は摂取してはいけない医薬成分は多くあり、便秘薬にもそれらを含むものが配合されているので、妊娠中に安易に便秘薬に頼ることは、控えた方が良いでしょう。
下記からは、便秘薬の副作用と妊娠中に及ぼす危険性についてまとめたものです。参考にして頂けたらと思います。

アローゼン

便秘薬,副作用

病院の処方薬であるアローゼン(顆粒タイプ)は、大腸刺激性下剤に分類されており、植物成分のセンナにある主に大腸の刺激によって便秘解消効果が見込め、腸の機能が低下している便秘に効果的とされています。

 

中でも、生理前などホルモンの乱れによって腸の機能が低下しやすい女性向けのようです。

 

効果が高いと言われていますが、その分効きが良いことから、腸の刺激によって腹痛や吐き気といった副作用の可能性が高いと言われています。

 

また、どのような便秘薬もそうですが、頼りすぎた場合は、効きが悪くなったり、自力で腸が活性化されないことから、薬なしでは排便することができないともいいます。

 

妊婦さんの摂取に関しては、原則的に禁止されており、服用した場合はセンナにある子宮収縮によって早産や流産のリスクが高まると言われています。

 

授乳中の摂取に関しても、赤ちゃんが母乳から取り入れることで下痢に繋がるといわれていたりと、この時期は飲まない方が良い便秘薬といえるでしょう。

マグラックス

便秘薬,副作用

産婦人科で便秘解消目的で処方されることもあるマグラックスは、従来にある大腸を刺激する薬とは違って、直接的に便の水分調節に作用することで無理なく排便を促すようです。

 

他にも、胃酸の中和から胃炎や胃潰瘍などの治療としても活用されているみたいです。

 

基本的に、妊娠中の母体や胎児への負担はないとされていますが、人によっては、下痢・だるさ・嘔吐・口が渇く・筋力低下・低血圧・眠気などの副作用を感じてしまうことがあると言われていて、用量用法を守れず過剰摂取した場合は、低血圧・呼吸困難・心停止の恐れがある高マグネシウム血症に繋がる可能性もあるといいます。

 

その為、少しでも身体に不調を感じた場合は、お腹の赤ちゃんにも良くありませんから、医師に相談して減薬または服用を中止したほうが良いでしょう。

ウィズワン

便秘薬,副作用

薬局で手に入る市販薬のウィズワン(ゼリア新薬)は、プランタゴ・オバタとセンナといった植物成分によって構成されており、便の量を増やしたり、腸の刺激から便秘解消効果が期待できるとされています。

 

副作用としては、腹痛や吐き気など胃腸の不調が報告されており、過剰摂取した場合は、かゆみや発疹など肌トラブルの可能性があると言われています。

 

早産や流産のリスクがあるとされるセンナが含まれていることから、妊婦さんの摂取は控えた方が安全です。

 

【センナの危険性については以下の詳細ページもお読みください】
妊娠中のセンナ茶は危険!妊婦が絶対に飲んではいけないワケ

プルゼニド

便秘薬,副作用

センナにあるセンノシドが有効成分のプルゼニドは、アローゼンのように大腸刺激性下剤に分類されています。

 

効きが強いと有名で、過剰に効くことで腹痛等の副作用が起こりやすいと言われてます。

 

アローゼンのように、プルゼニドも妊婦・授乳婦の摂取は原則禁じられているので、この時期の摂取は控えた方が良いと言えます。

ビオフェルミン

便秘薬,副作用

ヒト由来の乳酸菌がメインのビオフェルミンは、薬局でも手に入る医薬品です。

 

医薬品といっても、乳酸菌のみの配合であり、便量が増えたり、腸内環境の正常化から腸の蠕動運動がしっかりと行われることで、自然に便秘解消に繋がる仕組みのようです。

 

こどもから妊婦さんまで安心して飲める便秘薬とされていますが、稀に、乳酸菌が過剰に働くことで下痢といった副作用が起きることもあると言われているので、下痢が続く場合は、直接胎児に影響はないとされていますが、念のため服用を減らすか中止したほうが良いでしょう。

ラキソベロン

便秘薬,副作用

病院で処方されるラキソベロンは、大腸の刺激から排便がうながされる効果のある大腸刺激性下剤の一種ですが、低刺激であることから、こどもや妊婦さんでも飲むことができる薬とされています。

 

副作用に関しても、用量用法を守っていれば、腹痛など胃腸の不調が起きることはないと言われていたりと、副作用の心配が少ないです。

 

基本的に、ラキソベロンは量を守れば安全な薬と言えるでしょう。

コーラック

便秘薬,副作用

CMでもお馴染みのコーラックは、大正製薬から発売されている、薬局でリーズナブルに手に入る便秘薬(下剤)シリーズで、大腸を刺激したり、便の量を増やしたり、腸内を整えることで排便効果が期待できると言われています。

 

ただ、腹痛・下痢・吐き気・血圧低下などの副作用の報告が多く、症状が重いケースも多いようです。

 

特に、コーラックファイバーやコーラックハーブに関しては、妊婦や授乳婦がのむことで早産や流産や乳児の下痢に繋がるとされるセンノシドの配合があるので、この時期は避けたい便秘薬になるでしょう。

まとめ

便秘薬,副作用

妊婦さんや授乳婦など、この時期の便秘薬は、早産・流産・乳児の下痢に繋がる恐れがあるものも多いので、避けた方が良いです。

 

中には、ビオフェルミンなど安全な便秘薬もありますが、医薬品自体が発達障害などに繋がる化学物質からなるとされているので、薬自体もひかえたほうが良いと言えます。

 

便秘薬は、最初のうちは効きますが、常用することで効きが悪くなるとも言われているので、なるべくなら、食事や適度な運動など生活習慣で改善していくことが好ましいでしょう。

 

 

このページに関連する妊娠便秘の情報は以下です。

 

妊娠中の便秘解消に良いオリゴ糖ランキング

 

妊娠中のセンナ茶は危険!妊婦が絶対に飲んではいけないワケ

 

妊娠中の便秘が及ぼす危険性Q&A

page top